CoD MW2 : KASTOV 545のカスタム紹介

KASTOV545-eyecatch-1 CoD MW2

この記事では『Call of Duty Modern Warfare 2』で登場するアサルトライフル(AR) KASTOV 545について、おすすめのカスタムを紹介致します。

KASTOV 545はAK-105がモデルとなっており、反動が小さいのが特徴の武器となっています。一方で火力がそこまで高くないのも特徴の一つです。そのため近距離というよりはロングレンジでしっかり弾を当てるような運用になります。

スポンサーリンク

更新履歴

  • KASTOV 545のおすすめカスタムを紹介 (2022年11月10日)

KASTOV 545解放条件

KASTOV 545のおすすめカスタム

KASTOV545-custom-1
  • マズル:XTENハボック90
  • バレル:KAS-7 406MM
  • レーザー:
  • サイト:クロウネンミニプロ
  • ストック:マキーフR7ストック
  • アンダーバレル:
  • 弾薬:
  • マガジン:
  • リアグリップ:デモ-X2グリップ

マズルにはXTENハボック90を使っています。反動制御を強化するために使っていますが、フォージタックキャッスルコンプやSAKINトレッド-40なども同性能なので代替可能です。XTENハボック90の説明文に「優れた水平反動制御をもたらす」と記載があったので使ってみています。

バレルにはKAS-7 406MMを使っています。反動制御と弾速を強化するためですが、IG-K30 406MMでも同様に強化ができ、かつ、射程距離も上がります。ただし、機動性の低下が大きいため、より軽いKAS-7 406MMを使っています。

サイトにはクロウネンミニプロを使っています。現状は最も見やすいサイトだと思いますので、EXPEDITE12(SG)の武器レベルを7まで上げて使いましょう。

ストックにはマキーフR7ストックを使っています。機動性強化のためにこのストックを使っています。一方で短所として反動制御が付いているので、それを嫌う場合はKASTOVラマでも良いかと思います。またそこまで重要度が高い部分ではないので、アンダーバレルから別のものを選ぶのも良いと思います。

リアグリップにはデモ-X2グリップを使っています。グリップでも反動制御を強化していますが、ここはイワノフST-70グリップを使ってひるみ軽減をするのも良いと思います。

今作からは武器調整も可能になっています。以下のとおり調整しています。まだ傾向が見えてないので参考までに。

XTENハボック90 (マズル)

KASTOV545-muzzle-wa

KAS-7 406MM (バレル)

KASTOV545-barrel-wa

クロウネンミニプロ (サイト)

KASTOV545-optic-wa

マキーフR7ストック (ストック)

KASTOV545-stock-wa

デモ-X2グリップ (リアグリップ)

KASTOV545-reargrip-wa

最後に

KASTOV 545は低反動なARで安定して中~長距離で戦うことが可能なARです。一方で、他の主要な武器に比べて、火力が低く、撃ち負けるシーンが多い気がします。

そのため、近距離で戦うのではなく、相手の弾当たりが悪くなるようなレンジから、安定したエイムで撃ち勝つような運用が基本になります。

STB 556やKASTOV-74uなど高火力な武器がある一方で、少し運用が窮屈な武器になっています。

そこまで強い武器ではないのかなといった印象でした。

では最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました