CoD MW2 : TAQ-56のカスタム紹介

TAQ56-eyecatch-3 CoD MW2

この記事では『Call of Duty Modern Warfare 2』で登場するアサルトライフル(AR) TAQ-56について、おすすめのカスタムを紹介致します。

TAQ-56は反動が小さいARで、ロングでも比較的キルが取りやすいのが特徴です。

M4がGA(紳士協定)になったことで、プロの競技シーンではメタになりつつあるARです。

この銃はFN SCAR-Lがモデルとなっています。

スポンサーリンク

更新履歴

  • TAQ-56のおすすめカスタムを更新 (2022年12月9日)
    シーズン1パッチの修正を追記。
    アタッチメントを解放したので再見直し。
  • サイトをクロウネンミニプロに、アンダーバレルをフォージタックリッパー56に変更しました (2022年11月10日)
  • TAQ-56のおすすめカスタムを紹介 (2022年11月5日)

TAQ-56解放条件

  • プレイヤーランク19

TAQ-56修正内容

シーズン1パッチ

  • ロングレンジのひるみが増加

TAQ-56のカスタム紹介

TAQ56-custom-3
  • マズル:
  • バレル:17.5″ツンドラプロバレル
  • レーザー:
  • サイト:
  • ストック:TVカーディナルストック
  • アンダーバレル:FTACリッパー56
  • 弾薬:5.56高速弾
  • マガジン:
  • リアグリップ:DEMOクリーンショットグリップ

バレルには17.5″ツンドラプロバレルを使っています。射程距離を伸ばして、弾速を上げることでロングレンジでも弾当たりを良くしたいのが理由です。これは必須だと思います。

ストックにはTVカーディナルストックを使っています。エイム安定性は元から高いので、エイム時の歩行速度を上げておきたくこのストックを使っています。歩行速度を上げることで射撃時に左右に動き弾を当てづらくすることができます。

アンダーバレルにはFTACリッパー56を使っています。これは反動制御を強化するためです。フェーズ3グリップでも代用可能です。反動に問題がないならFSSシャークフィン90を付けるほうが強いので好みで選んでください。

弾薬には5.56高速弾を使っています。弾速をあげることで弾当たりを良くするのが目的です。またデメリットがそんなにないのでかなりおすすめです。

リアグリップはDEMOクリーンショットグリップを使っています。反動制御は他のアタッチメントで強化できているので、ここはエイム速度を強化しています。

今作からは武器調整も可能になっています。以下のとおり調整しています。

17.5″ツンドラプロバレル (バレル)

TAQ56-barrel-wa-3

TVカーディナルストック (ストック)

TAQ56-stock-wa-3

FTACリッパー56 (アンダーバレル)

TAQ56-underbarrel-wa-3

5.56高速弾 (弾薬)

TAQ56-ammu-wa-3

DEMOクリーンショットグリップ (リアグリップ)

TAQ56-reargrip-wa-3

最後に

TAQ-56はかなり低反動で使いやすい武器です。VanguardのイメージでいうとAutomatonのような特性を持つARだと思います。

エイム速度とかは遅めなので、突撃するような立ち回りはできませんが、敵のいる場所に照準を置いておけば、ロングの敵でも簡単に倒すことが可能です。

火力的にも胸上に当てればかなり強いので、正直結構強い方だと思います。

ただし腰以下に当てるとキルタイムが大きく落ちるのと、速射力が低いので弾を外すとキルタイムが悪くなり易いです。エイム力が試される武器なので、しっかり練習して使っていきましょう。

では最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました