CoD MW2 : キルに必要な弾数の検証 AR編

Hittest-ar-eyecatch CoD MW2

この記事では『Call of Duty Modern Warfare 2』で登場するアサルトライフル(AR)に関して、各武器が近中遠距離においてどの部位に当てれば何発で相手をキルできるのか検証した内容を紹介します。

LACHMANN-556を使った際に、思っていたよりも強いなと感じ、キルに必要な弾数を確認したら以前よりも少なくなっていたように感じたので、記録をしておこうと思って記事にしています。

スポンサーリンク

更新履歴

  • フルオート射撃での検証に修正しました (2022年12月20日)
    セミオート射撃だとキルに必要な弾数が減ることがあるため
  • シーズン1リローデッドパッチ後の検証結果を紹介 (2022年12月19日)

検証方法

  • 使用する武器には高倍率なスコープだけ付け、他のアタッチメントはなし
  • 武器調整などを行なう『射撃場』の的で検証を行なう
  • 3つの的の配置は下記のとおりで、それぞれ近い順に、近距離、中距離、遠距離とする
Hittest-area
  • 射撃場にスポーンした位置からフルオート射撃で、頭、胸、腰を一発ずつ撃ち何発でキル出来るか確認する
  • 的の頭、胸、腰は以下のとおりとする
Hittest-parts

検証結果

検証結果は以下のとおりです。

HitTest20221220

速射力を現すRPMの数値は海外サイトを参考にしています。

CHIMERAはまだ登場したばかりで数値がなかったので未記載としています。

各部位、距離に対して、左側にキルに必要な弾数(発)を記載し、右側にキルにかかる時間(ms)を記載しています。

例えば、M4において、近距離で胸に当てた場合は、4発キルでキルタイムは222msとなります。

LACHMANN-556のキルタイムは速いんじゃないかなと思ったのですが勘違いでした。セミオート射撃だと3発キルができるようですが、フルオート射撃だと4発キルになりました。結果としてそこまでキルタイムが速くないことが分かりました。これはランキングも再度見直さないといけないなと思います。

CHIMERAに関しては、RPMがないので数値化できていませんが、体感的にはM4に近い速射力があり、かつ、近~中距離で3発~4発キルが可能となっています。これもセミオートとフルオートでキルに必要な弾数が異なっており、KASTOV-74uよりも高火力かと思いましたが、正しいRPMが分からないとなんともいえない状況になりました。

全体を見て目を引くのはKASTOV 545だと思います。近距離火力が上がったので、近距離から遠距離まで優秀なキルタイムで、強武器になったと言えると思います。

最後に

このゲームはパッチノートにあえて記載しないステルスパッチなども当たったりするので、パッチ適用時には、キルに必要な弾数が変わっていないか再検証するようにしたいと思います。

またかなり手作業なので、遠距離になればなるほど、当たりが悪くて誤った弾数になっている可能性もあります。

悪しからずご了承頂きたいのと、ご指摘いただければ確認して修正もできるので、コメント頂けると助かります。

最後までありがとうございました。

コメント

  1. ヤー より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    LACHMANN-556、CHIMERAは射撃場近距離でどちらもフルオート胸4発、セミオート胸3発なので、フルオートとセミオートでダメージが変わるのかなと思います。
    間違ってたらごめんなさい。

    また新しい記事楽しみにしております。

タイトルとURLをコピーしました