CoD Warzone : この武器使える?使えない?Vargo 52

Vargo52-Eyecatch Cod Warzone

Warzoneを少しずつやりながら、各武器が使えるのか?使えないのかを確認しながらまとめていきます!

「使える武器」群を作っておくことで、現状の最強武器が弱体化された際に、次なる最強武器をすぐに見つけれるようになれば良いかなと思っています。少しでも参考情報になれば嬉しいです。

今日からアサルトライフル(AR)を見ていきたいと思います。ただ全部をまだ比較していないので、相対的にどれが使えるのか、いまいち把握できていません。今日は恐らく使えると思うアサルトライフルをサンプルとして紹介していきたいと思います。今後はこれをベースに判断していきたいと思います。とういことで、本日はBOCWのARであるVargo 52を紹介します。

スポンサーリンク

Vargo 52のおすすめカスタム

BOCW系に関しては、優秀なARが多いです。一方でカスタムは単調になりがちなのは残念です。

このカスタムは体力が250でも300でも同様のカスタムで問題ありません。

Vargo52-custom
  • マズル:GRUサプレッサー
  • バレル:18.6″タスクフォース
  • レーザー:
  • サイト:3倍アクシアルアームズ
  • ストック:
  • アンダーバレル:Spetsnazグリップ
  • マガジン:Spetsnaz60ラウンドドラム
  • リアグリップ:

BOCW系の武器はSMGでもARでも基本的に有効射程距離が伸びるサプレッサー(GRUサプレッサーやエージェンシーサプレッサーなど)と、バレルにタスクフォースを付けておけばOKです。武器のベースダメージは上がらないので、有効射程距離をとにかく伸ばします。

Vargo 52に関しても例外なくGRUサプレッサー18.6″タスクフォースを付けましょう。

またARに関しては中距離から長距離で戦うことが多いです。そのため、倍率ズームの付いたサイトを付ける必要があります。BOCW系の場合は3倍アクシアルアームズを付けましょう。

アンダーバレルには反動制御を強化できるアタッチメントを付けます。基本的には垂直反動制御と水平反動制御が強化される下から二つ目のアンダーバレルを付けましょう。Vargo 52の場合はSpetsnazグリップになります。これを付けることで距離が離れても集弾させやすくなります。

最後に弾数ですがデフォルトで30発になっています。SMGよりは弾を外し易く30発では明らかに少ないです。Spetsnaz60ラウンドマガジンを付けて弾数を増やしましょう。

これでキルタイムは以下のとおりです。

  • 体力が250の場合
    • 39mまで700ms
    • 39m以降が790ms以上
  • 体力が300の場合
    • 39mまで850ms
    • 39m以降が1020ms以上

Vargo 52の特徴として、エイム速度はやや遅く、リロードが速いです。エイムはそこそこ安定していてロングでもキルが取り易いです。火力に関しては体力が250の場合はあまり距離で減衰しませんが、体力が300の場合はそこそこ減衰しているなという印象です。

総評としては、冒頭でも述べているとおり、この武器は使ってみると分かりますが、かなり強いARです。現状ではAutomatonに並んでメタ武器になっているARで、メイン武器として優秀なARだと思います。現状間違いなくWarzoneにおいては「使える」武器だと思います。

最後に

Vargo 52はARの距離においては高い火力を持ちつつ、エイムもかなり安定、弾数も多く、リロードも速いといった特徴があります。エイム速度は若干遅めではありますが、Warzoneにおいては間違いなく「使える」武器だと思います。

では明日以降も最強武器を探して確認していきますので、参考にして頂けたらと思います!

FPSゲームは使用する道具が大事です。
ディスプレイ:最近購入したディスプレイです!色合いがはっきりし、描写も滑らかでかなり視認性が良くなります。(もっと高いのもありますが、コスパ的にはこれで十分です)

フリーク:スティックに高さを出すことでエイムの微調整をし易くできます。これはそれほど高価なものではないので、ぜひ一度試してみてください。

その他、Vanguardの強武器や設定、おすすめのPerkなどに関する情報も下記に掲載しております。

こちらもご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました