CoD MW2 : RPKのカスタム紹介

RPK-eyecatch-1 CoD MW2

この記事では『Call of Duty Modern Warfare 2』で登場するライトマシンガン(LMG) RPKについて、おすすめのカスタムを紹介致します。

RPKはLMGの中ではエイム速度はそこそこ速く、速射力が低いからかリコイルも安定しているのが特徴です。また、リロード速度が遅いのがLMG全体の特徴ですが、この武器は中でも結構早いほうなので、比較的扱い易いです。

スポンサーリンク

更新履歴

  • RPKのおすすめカスタムを紹介 (2022年11月16日)

RPK解放条件

  • KASTOV762(AR)の武器レベル16

RPKのおすすめカスタム

RPK-custom-1
  • マズル:SAKINトレッド-40
  • バレル:
  • レーザー:FSS OLE-Vレーザー
  • サイト:クロウネンミニプロ
  • ストック:
  • アンダーバレル:フォージタックリッパー56
  • 弾薬:
  • マガジン:
  • リアグリップ:トゥルータックグリップ

マズルにはSAKINトレッド-40を使っています。反動制御を強化するためのお馴染みのアタッチメントになります。垂直/水平反動制御が強化できるロックショットKT85でも代用可能です。

レーザーにはFSS OLE-Vレーザーを使っています。エイム速度とダッシュ後射撃速度を強化するために使っています。この二つを強化する上でかなり強力なアタッチメントです。

サイトにはクロウネンミニプロを使っています。ロングレンジの武器にはサイトは必須と言ってもいいです。現状は最も見やすいサイトだと思いますので、EXPEDITE12(SG)の武器レベルを7まで上げて使いましょう。

アンダーバレルにはフォージタックリッパー56を使っています。反動制御を強化するために使用しています。フェーズ3グリップでも代用可能です。

リアグリップにはトゥルタックグリップを使っています。機動性を強化するためのリアグリップになります。ダッシュ後射撃時間とエイム時間を大きく強化できるので強力なアタッチメントです。

今作からは武器調整も可能になっています。以下のとおり調整しています。まだ傾向が見えてないので参考までに。

SAKINトレッド-40 (マズル)

RPK-muzzle-wa-1

クロウネンミニプロ (サイト)

RPK-optic-wa-1

フォージタックリッパー56 (アンダーバレル)

RPK-underbarrel-wa-1

トゥルータックグリップ (リアグリップ)

RPK-reargrip-wa-1

最後に

RPKは低反動でリロード速度も速い、比較的使い易いLMGになっています。

速射力は高いほうではありませんが、体感の火力は結構高いです。海外サイトによると、胸に当てた際のキルタイムは200msとなっており、LMGの中では上から5番目とかなり遅いのですが、腰以下に当ててもキルタイムが落ちないのが特徴で、腰に当てた場合はLMGで2番目の火力、手足に当てた場合はLMGで最も火力が高くなります。結果的に体感の火力が高いように感じるのだと思います。(エイムが下手くそなだけですが)

LMGは正直どれも似たような強さなので優劣を付ける際に個人差が出てくると思いますが、個人的にはトップレベルに強いかなと思いました。

本日も最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました