CoD MW2 : キルに必要な弾数の検証 ハンドガン編

Hittest-pistol-eyecatch CoD MW2

この記事では『Call of Duty Modern Warfare 2』で登場するハンドガン(Pistol)に関して、各武器が各距離においてどの部位に当てれば何発で相手をキルできるのか検証した内容を紹介します。

今後もパッチ適用時にどのような変化があったのかをなるべく早く察知できるようにデータとして残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

更新履歴

  • シーズン1リローデッドパッチ後の検証結果を紹介 (2022年12月25日)

検証方法

  • 使用する武器にはスコープだけ付け、他のアタッチメントはなし
  • 武器調整などを行なう『射撃場』の的と『カスタムマッチのボット』で検証を行なう
    射撃場の的だけだと10m、25m、50mという距離になってしまいますが、ハンドガンだと50mはありえない距離なので、より近い5mを検証するためボットを使っています。
  • 検証した距離は以下のとおりで、至近距離(5m)、近距離(10m)、中距離(25m)とする
HITTEST-parts-smg-1
HITTEST-parts-smg-2
  • 基本的にデフォルトのセミオート射撃で(X13Autoのみフルオート射撃)で、頭、胸、腰を一発ずつ撃ち何発でキル出来るか確認する
  • 的の頭、胸、腰は以下のとおりとする
Hittest-parts

検証結果

検証結果は以下のとおりです。

HitTest20221225

速射力を現すRPMの数値は海外サイトを参考にしています。

各部位、距離に対して、左側にキルに必要な弾数(発)を記載し、右側にキルにかかる時間(ms)を記載しています。

例えば、P890において、至近距離で胸に当てた場合は、2発キルでキルタイムは210msとなります。ただセミオート武器なので参考数値程度にはなると思います。

数字だけ見るとP890の速射力とレンジ、キルタイムのバランスの良さと、BASILISKのヘッドショットのワンショットレンジの長さが目に付くところかなと思います。

X13Autoに関しては、火力が低くキルタイムが良くないので、そこまで強くないのかなといった印象です。X12に関しても、もう少し火力がほしいかなといった印象。

最後に

このゲームはパッチノートにあえて記載しないステルスパッチなども当たったりするので、パッチ適用時には、キルに必要な弾数が変わっていないか再検証するようにしたいと思います。

ハンドガンに関しては、セカンダリ武器の主力なのですが、まだカスタムの検討や紹介が出来ていないですが、これを機に確認していきたいと思います。

今後もブログを見ていただけると嬉しいです。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました